新基地建設に伴う護岸工事の着手から1年で、渡具知武豊名護市長は24日、「沖縄防衛局と県はサンゴの移植などに関し、考え方の違いがあるようだ。事業者である沖縄防衛局は工事を進める上で、環境保全に十分配慮するよう努めていただきたい」と、防衛局に環境保全への配慮を求めた。