名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は24日、大浦湾側の埋め立て区域内に生息する小型サンゴなど約850群体の特別採捕許可を県に申請した。防衛局が環境省の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)に掲載されているサンゴ以外で採捕許可を申請するのは初めて。