○…財務事務次官のセクハラ疑惑に抗議の意思を示すため黒い服を着て院内集会に参加した糸数慶子参院議員(沖縄の風)。「女性活躍」をアピールする安倍政権だが、セクハラ疑惑や民主党政権で実現に近づいた夫婦別姓論議の後退に触れ「実際は女性差別の撤廃に消極的だ」と訴える。