聴覚障がい者向けの文字通訳事業のアイセック・ジャパン(うるま市、一瀬宗也社長)と手話通訳サービスのシュアール(東京、大木洵人社長)は24日、合同会社シーコミュを立ち上げた。字幕電話サービスを開発するほか、字幕と手話を組み合わせて遠隔で聴覚障がい者と健常者との会話をつなぐサービスを提供する。