辺野古代執行訴訟が29日、福岡高裁那覇支部で結審する。多見谷寿郎裁判長が、沖縄県と国の双方の主張に耳を傾ける姿からは、慎重に解決に導こうとする考えもうかがえる。「双方に自制を求めているように感じる」と識者も語る訴訟指揮を振り返った。