那覇市は25日、市のホームページ上の電子相談窓口に「2月26日金曜日午後3時34分、那覇市庁へ爆弾を仕掛ける」などと爆破予告の書き込みがあったと発表した。市庁舎などから不審物は確認されてない。市は26日午後2時半から、本庁舎や支所、市内の全小中学校など市関連施設の閉鎖を決めた。安全が確認されれば、午後4時から業務を再開する。

那覇市に送られてきた爆破予告メールについて会見で説明する久場健護総務部長=25日、那覇市役所

 市によると、書き込みは24日午後6時7分に受信。25日午前8時半に職員が確認し、那覇署へ通報した。 市は26日午後2時半から同4時の間、本庁舎や各支所、市民協働プラザ、市保健所、公民館、図書館、児童館などを一時閉鎖。市教育委員会は小中学校や幼稚園などに対し午後3時から4時の間、運動場など校舎外に避難するよう指示した。

 緊急会見した久場健護総務部長は「本庁舎に来庁する市民の安全が第一。安全確保のために協議し、対応していきたい」と述べた。

■沖縄県警 メールの送信元特定急ぐ

 全国の自治体で相次ぐ爆破予告メッセージが那覇市で確認された25日午前、那覇署は市職員らとともに庁舎内で不審物の有無など調べたが異常はなかった。26日は市と協力し関連施設などを警戒する。類似のメールは他県でも確認されているといい、県警は送信元の特定を急ぐなど威力業務妨害容疑で捜査している。

 威力業務妨害罪は、3年以下の懲役か、50万円以下の罰金が課せられる。

■奥武山一時閉鎖 沖縄県庁は通常業務

 那覇市庁舎への爆破予告を受けて、沖縄県は奥武山公園と県立武道館を26日午後2時半から4時まで閉鎖すると発表した。県庁は通常通り業務を続ける。