名護市辺野古沖の新基地建設予定海域を警備したライジングサンセキュリティーサービスが、警備員の勤務実績を偽装する写真を組織的に撮影していたことが分かった。沖縄防衛局はこの件についても内部告発を受けていたが、同社を処分せず契約を続けた。