沖縄県統計課は26日、2015年国勢調査速報を公表し、沖縄県の総人口は143万4138人で、前回2010年の調査から4万1320人、3%増となった。人口増加率は沖縄県が全国で最も高かった。

沖縄県の総人口は143万4138人

 人口が増加したのは全国で8都道府県。日本の人口は1億2711万人で前回に比べ94万7千人減少。5年間で0・7%減となり、1920年の調査開始以来、初めて減少に転じた。

 沖縄県の世帯数は55万9744世帯で、前回比3万9553世帯で7・6%増。沖縄県は世帯数の増加率も全国最高だった。一方で、1世帯当たりの人員は2・56人で、前回より0・12人減少し、世帯の小規模化が進んでいる。