2018年(平成30年) 5月21日

共同通信 ニュース

錦織が試合途中に棄権 バルセロナOPテニス

 【バルセロナ共同】男子テニスのバルセロナ・オープンは25日、バルセロナで行われ、シングルス2回戦で世界ランキング22位の錦織圭(日清食品)は69位のギリェルモ・ガルシアロペス(スペイン)と対戦したが、第1セットを3―6で落とした後、第2セットの第1ゲーム途中に棄権した。錦織によると右太ももなどに疲労による痛みがあり、大事を取った。

 シングルス2回戦、第2セットの途中で棄権した錦織圭。左はギリェルモ・ガルシアロペス=バルセロナ(共同)

 22日までのマスターズ・モンテカルロ大会で準優勝した錦織は同じクレーコートのバルセロナ・オープンで2014年、15年に2連覇し、16年は準優勝。昨年は右手首痛で欠場した。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間