名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が埋め立て区域を囲うための護岸の建設に着手してから25日で1年となった。翁長雄志知事は同日、防衛局が実施する環境保全措置などについて看過できない事態となれば「躊躇(ちゅうちょ)することなく、撤回を必ず行う」とのコメントを発表した。