「人の話を丁寧に聞くこと」を常に心掛けている。第三者として何が真実かを追求し、当事者がより納得できる説得力のある判決を出せるよう努力している。 裁判官を志したのは司法修習生時代。