沖縄総合事務局が24日に発表した4月期の管内経済情勢報告は、個人消費、観光、雇用情勢ともに好調で、4期連続で「拡大している」と判断した。先行きについても「拡大が期待される」としたが、海外景気の下振れリスクや為替、労働力需給の動向に留意すべきだとしている。 個人消費は2期連続の拡大。