日本復帰前の沖縄で、精神障がい者を家の一角などへ合法的に閉じ込めた「私宅監置」をテーマに22日、那覇市の県立博物館・美術館であったシンポジウム(主催・県精神保健福祉会連合会、県精神保健・医療・福祉連絡協議会)。200人超が来場したシンポの内容を要約し、2回に分けて紹介する。