辺野古の海に陸に、日米両政府への抗議の声がとどろいた。25日、数百人規模で集まった市民は改めて「新基地を造らせない」との意思を強くした。刻々と迫る土砂投入を前に、翁長雄志知事による埋め立て承認の早期撤回を求める声も上がった。