世界自然遺産候補として環境省が推薦する「やんばる国立公園」のコアエリア(特別保護地区、第1種特別地域)は、米軍北部訓練場を囲むようないびつな形になる。厳しく開発を規制するコアエリアの周辺は、緩やかな規制をかける「緩衝地帯」を設けるのが一般的だ。