県内製麺大手のサン食品(糸満市)が1日から、即席袋麺の新商品「沖縄インスタント麺(とんこつ味)」を発売している。アジアでも人気があるサンリオのキャラクター「ぐでたま」をパッケージに使用。観光客をターゲットに、本年度は約5万個の販売を目指している。

即席袋麺の新商品「沖縄インスタント麺」をPRするサン食品の比屋根課長(右)と開発部の玉城せりかさん=沖縄タイムス社

 同社営業部の比屋根孝広課長は「海外の観光客を意識し、あえて沖縄そばではなく知名度があるラーメンを選んだ」と話す。スープは台湾や中国で人気がある「とんこつ味」に仕上げ、県産の塩やサンゴカルシウムも配合した。麺も香ばしさとうま味を出すため、ラードで揚げる製法にこだわり、福岡県にある揚麺工場で製造した。価格は3食入りが800円、1食分は270円。

 県内量販店や国際通り、空港などの土産品売り場で販売する。比屋根課長は「今後はシリーズ化し、異なる味の新商品を順次発売していきたい」とPRした。