沖縄総合事務局は26日、本部町の海洋博公園の2017年度入園者数が、前年度比2・3%増の500万1709人で6年連続過去最高になったと発表した。

(資料写真)沖縄美ら海水族館

 那覇市の首里城公園も4・7%増の285万7390人で歴代1位となった。両園を合わせた国営沖縄記念公園全体では3・2%増の785万9099人で、5年連続過去最高を更新したと発表した。主要施設の入館者数は沖縄美ら海水族館が4・3%増の378万4132人で4年連続過去最高となった。首里城(有料区域)は3・9%減の181万4041人と歴代6位だった。

 沖縄総合事務局は入域観光客数の増加や海洋博で開かれた観光地の物産展「島いろマルシェ」、開園25周年記念イベントとして開かれた「琉球泡盛の粋in銭蔵」などが増加の要因としている。