現金を使わずに支払う「キャッシュレス」や消費データの利活用の促進に向け、県内4金融機関などが連携する「沖縄決済コンソーシアム」が26日、発足した。各金融機関の担当者らが同日、県庁で会見し、「便利な仕組みを構築し、県経済の発展に寄与できるよう連携したい」などと意気込みを語った。