2019年春卒業の大学生らの就職活動が本格化している。全国的な人手不足の中、沖縄でも学生優位の「売り手市場」が続いているものの、人気企業の採用枠はまだまだ狭き門となっている。採用選考は昨年同様6月開始(経団連指針)となっているが、選考を急ぐ企業もあり、すでに優秀な学生の争奪戦は始まっている。