キャッチボールを通じた社会貢献活動「心をつなぐキャッチボール教室」(主催・同プロジェクト推進委員会)が29日、那覇市の仲井真小学校で開催された。同小の4年~6年生319人が、初心者でも楽しめるキャッチボールの投げ方・正しい走り方講座などを受けた。

広島カープ・読売ジャイアンツOB西山秀二さんのキャッチボールに見入る児童=29日、那覇市・仲井真小学校

 特別講師として、水野雄仁さん、西山秀二さん、久保文雄さん、笘篠賢治さん、大野倫さんの5人の元プロ野球選手が参加した。笘篠さんによる、走り方講座で体を温めた児童は、日本プロ野球選手会監修で開発されたケガをしない柔らかな「ゆうボール」で講師とキャッチボールを楽しんだ。

 同小の野球部でキャプテンを務めた経験のある仲宗根皐(こう)君(12)は「投げ方を一から学ぶことができた。プロから直接教わった投げ方なら『間違いない』と思う」と満足した様子だった。