那覇市若狭の瀬長亀次郎資料館「不屈館」は27日、3万人目の来場者を迎え、記念セレモニーを開いた。開館5年で来場者が3万人を超え、内村千尋館長は「若い人たちの来館が増えているのがとてもうれしい」と喜んだ。 3万人目となった地域紙記者の龍野瑶子さん=東京都=は「ずっと行きたいと思っていた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。