沖縄県警沖縄署は28日、酒気帯び状態でバイクを運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで米軍嘉手納基地所属の米空軍中尉の男(25)を現行犯逮捕した。呼気から基準値の約3倍のアルコールが検出された。調べに「答えたくない」と供述しているという。

 逮捕容疑は28日午前1時10分ごろ、北谷町浜川で酒気を帯びた状態で125CCバイクを運転した疑い。

 県警のパトカーがヘルメットをしないで走行するバイクを発見。職務質問したところ、運転手の米兵から酒のにおいがしたという。