「第3回肉フェスタinNAHA」(主催・同実行委員会)が28日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇の正門広場で始まった。牛肉、豚肉、鶏肉など出店している20店舗が用意した自慢の肉料理や500円メニューに、訪れた多くの家族連れが舌鼓を打った。29日まで。時間は午前11時から午後8時。

20店舗が自慢の肉料理を販売する肉フェスタ=28日、沖縄セルラースタジアム那覇の正門広場

 今回初出店の店「パナマ原人」(沖縄市)はBBQシシカバブ(千円)やジャークチキン(500円)、肉巻きおにぎり(400円)などを販売。代表の塗矢健太さん(35)は「ゴールデンウイーク突入で客も多い。ワイルドなバーベキュー串を多くの人に食べてほしい」と意気込んだ。

 同じく初出店の福まる農場(南風原町)は、ソーセージ(500円)や豚ステーキ(800円)などを販売。スタッフの識名弘昇さん(36)は「愛情込めて育てた豚をおいしく料理している。ソーセージがお薦め」と呼び掛けた。

 問い合わせは事務局、電話080(6493)3611。