沖縄県うるま市の女性暴行殺害事件から28日で2年が過ぎた。発見された恩納村安富祖の雑木林では被害女性の冥福を祈るため、多くの人たちが訪れた。献花台にはたくさんの花束のほか、「いつも笑顔でお話ししてくれてありがとう」「また来るねー!!大好きだよ」とのメッセージやぬいぐるみ、ジュースなども供えられた。走行中の車内から手を合わせる人の姿もあった。

被害女性を悼む献花台に手を合わせる女性たち。多くの花が供えられていた=28日、恩納村安富祖

 友人と2人で初めて現場を訪れた那覇市の女性(65)は線香を上げ、祈りをささげた。事件から2年を前に被害女性の父親が出した「生きていてほしかった。かわいい笑顔を見たかった」との手記に、「娘を持つ同じ親として胸が引き裂かれる思い。米軍基地がある限り、沖縄から被害はなくならない。もう基地はいらない」と涙で訴えた。

 小学校非常勤講師(62)=那覇市=は、遺族への賠償金の支払いが進まない現状に憤る。沖縄防衛局が名護市へ再編交付金の支給を決めたことを引き合いに、「事件被害者の補償にもしっかりと対応するべきだ」と怒りをにじませた。

 糸満市の女性(34)は、名護市辺野古の県民集会後に足を運んだ。遺棄現場で手を合わせるのは3回目。「早く見つかってほしい」と、行方不明だった被害女性の無事を願った日から2年が過ぎた。ここへ来る度に胸が締め付けられるという。「やっぱり米軍の事件事故はなくならない」と悔しがった。

 事件当時、捜査を指揮した県警捜査1課の幹部らも訪れ、手を合わせた。