長男が地元に戻ってくるのを諦めている――。不動産情報サービスのアットホームが実施した調査で、東京で働く息子を持つ親の6割以上がこのように回答した。

東京で働く長男が地元に戻ってくることを諦めた親が大多数を占めた(写真はイメージです)

 同調査は、東京で働く長男を持ち、東京、神奈川、埼玉、千葉以外の地方エリアに住む40歳以上の男女618人を対象に、2月26~27日の期間で実施。これによると、長男が地元に戻ってくることを諦めている親は66.5%だった。一方で、本心では長男に地元に戻ってきてほしいと願う親は45.6%となった。長男に対して、将来は地元に戻ってきてほしいと伝えた親は23.0%で、そのうちはっきりと言ったのは4.0%だった。

 半数近くが長男に地元に戻ってきてほしいと思っているが、同居となると話は別のようだ。将来同居したいと考える親は17.3%にとどまり、近居(交通手段を問わず30分以内で行き来できる距離)でも43.8%だった。同居も近居も考えないと回答した親は、「長男やその家族に気を遣うのが嫌だから」「今の地元を離れたくないから」「東京やその周辺エリアで生活をしたくないから」などを理由に挙げた。

長男と将来同居も近居もしようと思わない理由