【北京共同】北朝鮮の国会に当たる最高人民会議の常任委員会は30日、2015年に変更した同国の標準時を5月5日から30分早めて元に戻し、韓国と同一にする政令を採択した。朝鮮中央通信が伝えた。

 平壌時間の変更は、金正恩朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅大統領と27日に会談した際に提案し、合意した。南北の合意事項を迅速に履行する姿勢を示した形だ。

 北朝鮮は15年8月、植民地時代に日本と同じ標準時を「強要」されたとして、朝鮮半島を通る東経127度30分を標準時子午線とし、標準時を30分遅らせた。これにより日本と同じ韓国の標準時と30分のずれが生じた。(共同通信)