第一航空(本社・大阪市)は、運休中の那覇-粟国路線の運営費赤字分の行政からの補助が見込めないとして、6月末までに沖縄事業本部を一時閉鎖する方針を決めた。事実上、沖縄からの撤退となる。県などは新たな航空会社による路線維持を図る方針だが、先行きは不透明だ。