【イスタンブール共同】トルコ訪問中の自民党の二階俊博幹事長は30日、イスタンブールの海事博物館で、1890年に和歌山県沖で起きたオスマン帝国(現トルコ)軍艦「エルトゥールル号」沈没事故の追悼行事に出席した。乗組員の子孫らを前に「史実を語り継ぎ、トルコと日本の友情と信頼の絆を継承しよう」とあいさつした。

 和歌山県沖に沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の追悼行事後に花輪を持つ自民党の二階幹事長(右)ら=30日、トルコ・イスタンブール(共同)

 エルトゥールル号は台風のため、現在の同県串本町沖で沈没。500人以上が命を落としたが、岸へ泳ぎ着いた乗組員を地元住民が救助するなどし、日本とトルコの友好のきっかけになった。

 二階氏は博物館の前の海に花輪を投げ入れ、事故の犠牲者に哀悼の意を表した。(共同通信)