【東京】福井照沖縄担当相は27日の閣議後会見で、1952年のサンフランシスコ講和条約発効から28日で66年になることについて「沖縄の苦難の歴史を十分心に刻んで、県民の心に寄り添いながら、沖縄の振興策を進めてまいりたい」と述べた。