県環境影響評価(アセスメント)条例の適用対象を広げる改正について県は27日、那覇市内で県市長会(会長・島袋俊夫うるま市長)に説明会を開いた。 改正後の条例は、事業目的にかかわらず20ヘクタール以上の土地造成にアセス手続きを求める内容。