有期労働契約が同じ職場で通算5年を超えれば期限のない契約にできる「無期転換ルール」を巡り、県内大学・高専7校の対応が二極化している。本紙の調べでは、5校が無期転換に応じるが、沖縄キリスト教学院大学など2校は「通算5年以内」の期間を設定。事実上、無期転換への道を閉ざしている。