県労連は、観光業界で働く労働者の実態を知るため、5月末までインターネットなどでアンケートを実施している。給与や残業手当など、労働状況、職場環境を調査する。 嶺間信一事務局長は「観光業界は好況というが、労働者が低賃金で次々と辞めている実態がある。その要因をアンケートで明らかにしたい」と話す。