動物性の原料を一切使わない食事やライフスタイルを指す「ヴィーガン」のフードフェスが4月28日、沖縄市中央のパークアベニュー通りであった。2016年から嘉手納町で年2回開かれているイベントで、沖縄市では初開催。音楽イベントやヴィーガンを取り入れている総合格闘家の山本KID徳郁さんのトークイベントもあり、大勢の来場者が楽しみながらヴィーガンを体感した。

多くの来場客でにぎわうヴィーガンフードフェス=4月28日、沖縄市中央のパークアベニュー通り

 富田花子実行委員長によると、ヴィーガンには(1)健康(2)動物愛護(3)地球環境保護-と大きく三つの定義があり、このフードフェスは動物愛護と地球環境保護を重視する「エシカルヴィーガン」に分類される。ビールやソフトドリンクは1本につき50円が動物保護団体へ寄付され、犬の里親会も開かれた。

 来場者はベジタブルカレーやピザなどのヴィーガン料理を味わっていた。10年ほど肉を食べていないという沖縄市の安里未来さん(28)は「いろいろなお店を知ることができていいですね」とラッシーを手にフェスを堪能していた。