南都(那覇市)の大城宗直社長は1日、沖縄タイムス社を訪れ、沖縄子ども未来プロジェクトに30万円を寄付した。

沖縄タイムス社の豊平良孝社長(左)に寄付金を託す南都の大城宗直社長=1日、沖縄タイムス社

 南都は4月28日、国頭村で運営する観光施設「大石林山」内に、県内41市町村から採取した石と石でできた生活道具を展示する「沖縄石の文化博物館」を開館。大城社長は「新しく施設がオープンしたので社会貢献のために寄付したい」と託した。

 寄付金と合わせて大石林山の入山券50枚も贈呈し、「地域社会で子どもたちを支えていきたい。夏に向けて外に出掛け、いろんなものに触れ、すばらしい経験をする機会にしてもらいたい」と語った。

 南都は2016年の同プロジェクト開始当初から法人サポーターとして年間12万円を支援している。