名護市辺野古の新基地建設を巡り、県土木建築部は1日、沖縄防衛局に対し、辺野古側海域へのフロート設置などは環境保全図書の変更にあたるとして、事前の変更承認手続きをとるよう文書で求めた。