ハンセン病回復者で、国立療養所沖縄愛楽園(名護市)の内外で差別の歴史を語り継いでいる平良仁雄(じんゆう)さん(79)=那覇市=が今月、自著「『隔離』を生きて ハンセン病回復者の愛楽園ガイド」を沖縄タイムス社から出版した。