女子プロゴルフの開幕戦、第29回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)は3日、南城市の琉球GC(6649ヤード、パー72)で開幕する。1日、那覇市内のホテルで前夜祭があり、選手たちが健闘を誓い合った。

本戦に向け健闘を誓う諸見里しのぶ(後列右から3人目)、上原彩子(同2人目)、比嘉真美子(同5人目)、川満陽香理(前列左)ら県勢選手=那覇市・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

本戦に向け健闘を誓う諸見里しのぶ(後列右から3人目)、上原彩子(同2人目)、比嘉真美子(同5人目)、川満陽香理(前列左)ら県勢選手=那覇市・ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 県勢はホステスプロの諸見里しのぶ、米ツアーで戦う上原彩子をはじめ、前回大会で県勢最高の4位だった川満陽香理、比嘉真美子らプロ8人、アマチュア5人の計13人が出場する。アマの新垣比菜、佐渡山理莉はナショナル合宿から2日に戻り、大会に備える。

 また、第1日の組み合わせが発表された。

 アウトスタートでは、川満と比嘉真美子が同組で午前10時54分スタート。諸見里はアマの比嘉梨沙と、4年連続のベストアマを狙う新垣は昨季賞金女王のイ・ボミ(韓国)、上田桃子と同じ組で回る。

 前回大会優勝で賞金ランキング2位のテレサ・ルー(台湾)は、日本勢トップの賞金ランキング6位の渡辺彩香、アマチュア予選1位の佐渡山と同組となった。

 大会は総勢108人が開幕女王の座を懸け、熱戦を繰り広げる。コース総距離が120ヤード延び、期間も4日間に拡充され、例年以上の技術・体力も必要となる。賞金総額は昨年から2千万円アップの1億2千万円、優勝賞金は2160万円。