9秒でまるわかり!

  • 2015年12月~16年2月の沖縄地方の平均降水量が過去最多を更新
  • 平年の2倍の多雨の要因は、エルニーニョ現象がこの冬に最盛期に
  • エルニーニョはピークを終え、3月以降の雨量や気温は平年並み

 沖縄気象台は1日、この冬(2015年12月~16年2月)の沖縄地方の地域平均降水量が平年の約2倍で、統計を開始した1947年以来、最も多い記録を更新したと発表した。気象台は「エルニーニョ現象の影響で、沖縄地方に暖かく湿った空気が流れ込み高温・多雨の状態が続いた」とした上で「エルニーニョ現象はピークを終えた。3月以降の雨量や気温は平年並み」と予想した。

この冬の大気の流れ

 県内におけるこの冬の降水量は、最も多かった与那国島で1214ミリ(平年値541・5ミリ)だった。

 続けて宮古島では877ミリ(平年値403・6ミリ)、西表島で832・5ミリ(平年値489・9ミリ)、石垣島で784・5ミリ(平年値396・4ミリ)で、同4地点はそれぞれ統計開始以来、冬の降水量の最も多い記録を更新した。

 沖縄地方(那覇、久米島、宮古島、石垣島、与那国島の平均値)の降水量は平年比199%。これまでの最多値は1998年の162%で30%以上も多かった。

 多雨の要因は2015年11月から12月にかけ、太平洋赤道域の日付変更線付近でエルニーニョ現象が最盛期を迎えたこと。

 積乱雲の活動が平年より東側で活発になり、フィリピン付近で勢力が強まった高気圧に引っ張られるように、沖縄地方に南からの暖かく湿った空気が流れ込み曇りや雨の日が増えた。

 日照時間もかなり少なく、地域平均値は平年比72%で1947年の統計開始以来、少ない方から5番目だった。