【名護】稲嶺進名護市長は2日午前、市議会3月定例会の施政方針演説で、市辺野古の新基地建設について、「これから先も厳しい局面が予想されるが、いかなることがあろうとも、新基地建設阻止に断固として取り組む」と述べた。

稲嶺進名護市長

 新基地建設をめぐっては、市長権限に係る許可申請や協議、文化財の調査など、国が市と踏むべき諸手続きが「一つもクリアされていない」とあらためて強調。「あらゆる手段を講じ、市や県が置かれている現状と新基地建設の不条理さを世界に訴えていく」と決意を新たにした。