「日本一早い沖縄・奧の新茶を東北・被災地の皆さんに飲んでもらおう!」プロジェクト実行委員会(岡留芙美代表)が、国頭村奥の新茶を東日本大震災の被災地へ送るため、包装、発送作業のボランティアを募集している。

新茶を被災地に届けようと、茶摘みをするボランティア=2015年3月29日、国頭村奧(岡留芙美さん提供)

 3月27日午前9時から、国頭村奥の茶畑で茶摘み体験をした後、製茶した茶葉を袋摘めし、発送する。茶葉は宮城、岩手、福島の3県の生協などに送り、仮設住宅の茶話会などで飲んでもらう。

 2012年から始まった取り組みで、今回は3回目。岡留代表は「沖縄から被災地の皆さんに温かいお茶を届けたい。多くの人に参加してほしい」と呼び掛けた。

 実行委では寄付金も募っている。