沖縄県地域保健課は4日、うるま市の4歳女児と名護市の20代女性が新たに麻疹(はしか)に感染していることを確認したと発表した。3月下旬に、県内で4年ぶりに患者が確認されてから合計90人になる。

麻疹(はしか)の感染拡大を防ぐにはの予防接種が効果的対策となる。

 名護市の女性は家族内で感染したとみられる。うるま市の女児は医療機関での検査で感染が確認された。

 3日ははしかの疑いのある11人を検査した。