「第29回奥ヤンバル鯉のぼり祭り」が沖縄県国頭村奥の奥ヤンバルの里河川公園で3日に始まり、約800匹のこいのぼりが青空を泳いでいる。4日は絶好の行楽日和に村内外から多くの家族連れが訪れ、川遊びやピクニック、空手の演武や琉球舞踊などのステージイベントを楽しんでいた。5日まで。

こいのぼりの下、川遊びを楽しむ親子=4日、国頭村奥・奥ヤンバルの里河川公園(村井規儀撮影)

 玉城壮(つよし)区長(75)は「区民の高齢化で準備は大変だが、皆さんの喜ぶ姿がうれしく、疲れも吹き飛ぶ」と笑う。

 那覇市から家族で訪れた城西小4年の森田心花(こはな)さん(9)は「こんなにたくさんのこいのぼり、初めて見た」と驚いた様子。きょうだいと川遊びを楽しむ姿を、父信一さん(38)は「自然の中で思い切り遊んでほしい」と見守っていた。