養殖モズクの主要産地である恩納村や与勝半島一帯は、護岸に付着する藻類を狙うカーエー、マーエー、オンレーのアイゴ科に加え、上品な白身で釣り人から好まれるアーガイが数多く生息する。 与勝半島の沖の離れにある岩場周りの海底には、砂地に根岩が点在し無数のアーガイが群れをなす。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。