国際自然保護連合(IUCN)が沖縄島北部など4島の世界自然遺産登録の延期を勧告し、政府の見通しの甘さが露呈した。2020年以降は新規登録審査は1国1件に限定。文化遺産登録を待つ自治体と国内調整でもハードルは上がる。 勧告で問題視されたのは、米軍北部訓練場の返還地だ。