県政与党などでつくる参院選選考委員会は、伊波洋一氏での参院選突入をめぐり協議が難航している。一度、正式な協議を経て決定しているだけに伊波氏の擁立を堅持する意見が多いものの、伊波氏を含めた候補者の再考を求める意見も浮上。