第44回那覇ハーリー(主催・同実行委員会)は最終日の5日、本バーリーがあり、那覇が泊と久米を下し、3連覇を成し遂げた。豊漁豊作や航海安全を願う「御願バーリー」や一般競漕(きょうそう)もあり、来場者は指笛や声援を送って伝統行事を楽しんだ。会場には3日間で計16万4千人(主催者発表)が訪れた。

大勢の観客が見守る中、熱戦を繰り広げた本バーリー=5日、那覇港新港ふ頭(金城健太撮影)

 本バーリーでは、序盤から那覇がリードするも、泊・久米が徐々に追い付き、折り返し付近では横一線に。最後は那覇が泊との接戦を制し、ゴールした。

 那覇チームは約1カ月、プールや泊港で週に4日練習した。リーダーでこぎ手を務めた仲程猛さん(60)は「3連覇で感無量。練習の成果に加え、櫂(かい)をこぐキレが合っていた。最高のメンバーだ」と勝利を喜んだ。

 久米チームを応援した伊波小1年の大城向日葵(ひまり)ちゃん(6)=うるま市=は「家でテレビを見ているお父さんよりもかっこよかった」と笑顔だった。