自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆院議員が酒に酔った状態で観光客とトラブルになり右足首骨折の重傷を負った件で、那覇署が傷害事件として国場氏と軽傷を負った男性観光客の双方を書類送検する方針であることが6日、捜査関係者への取材で分かった。

自民党沖縄県連会長の国場衆院議員

 国場氏は県連会長就任直後の4月29日未明、知人と知り合いの店へ移動中、那覇市松山の路上で観光客の男性ともみ合いになり転倒し、右足首を骨折したと説明している。

 県連は翌30日、国場氏を厳重注意した。