名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て工事の賛否を問う県民投票の実施を目指す「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は2日、県庁で記者会見した。元山代表は「県民投票はそれぞれの主張や思いを形にできる手段の一つ。米軍基地や辺野古の埋め立て問題をもう一度議論して、県民で考えて決めよう」と呼び掛けた。