県産品の海外輸出を手掛ける琉球物産貿易連合(豊見城市、高良守社長)が、県内6酒造所の泡盛を豪州へ定期的に輸出する準備を進めている。高良社長によると、豪州へはこれまで本土商社を介して少量が輸出されてきたが、県内で通関を経て運び出されるのは初めてという。 初出荷は10日を予定。