名護市辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県と国の三つの訴訟のうち、那覇地裁で4日、抗告訴訟の第1回口頭弁論が開かれる。国が、翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しの効力を止め、辺野古の埋め立て工事を進める根拠となっている石井啓一国土交通相の「執行停止決定」を違法として、県がその取り消しを求める。